ガクブル基本情報

 

分類:洋画

時間:100分

年代:2002年

製作者:ポール・W・S・アンダーソン

 
ガクブル度 ★★★★☆
ウルウル度 ★☆☆☆☆
オフザケ度 ★★☆☆☆
オイロケ度 ★★★☆☆
オススメ度 ★★★☆☆
 

「バイオやばいお」と言いたくなる王道ゾンビ映画

 
昨年末についにシリーズ6作品のファイナルが出たアクションホラー「バイオハザード」です。

ザ・ファイナル、ぼくは年が明けてから新宿のTOHOシネマズに友達と見に行ったのですが、つっこみどころがたくさんありすぎて、見終わったあとしばらく「バイオやばいお!!」しか言えない状態になってしまいました。

さてそんなラストを迎えたバイオハザードですが、1作目は2002年に上映されました。だいぶ前ですね。

シリーズを重ねるごとにアクション要素が強くなっていくので、ゾンビがゾンビらしくしている1作目がぼくは一番好きです。

CGの感じなどにB級感が漂うのですが、そこがまた気を使わないでみることができてイイ味を出していると思います。

あらためて見るとミラ・ジョボビッチがすごく若いです。
 

 

アンブレラ社の研究所でバイオハザードが発生

 
製薬会社大手のアンブレラ社は表向きは一般的な医薬品を製造しているが、裏では軍事用の生物兵器の開発を行っていた。

ある日、アンブレラ社の研究所内で厳重に保管されていたT-ウィルスの容器が何者かによって割られ、ウィルスが研究所内に蔓延した。
ウィルスが漏れたことを感知したコンピューター(人工知能)は研究所で働いていた職員を閉じ込め皆殺しにしてしまう。

その頃、洋館の浴室で目を覚ましたのは主人公であるアリスだった。
アリスは館の防御システムによる神経ガスで一時的に記憶を失っていた。

洋館をさまよっていると、突如窓を割って入ってきた特殊部隊に連れられ、アリスは研究所内へ向かうこととなる。

アリスを連れた特殊部隊は研究所の奥を目指し、職員全員を殺害したコンピュータをシャットダウンしようとするが、防御システムでほとんどの隊員が殺されてしまう。

なんとか防御システムを突破した残りの隊員とアリスがコンピュータをシャットダウンさせようとすると、
コンピュータが「レッド・クイーン」という少女の姿をしたホログラムで姿を現わし、シャットダウンをやめるよう要求する。

強引にシャットダウンさせると、レッド・クイーンはこう言った。

これでみんな死ぬわ。」

研究所のコンピュータはT-ウィルスの感染が拡大すること、T-ウィルスに感染した職員たちを研究所内に閉じ込めていたのだ。

T-ウィルスに感染し、ゾンビと化した人間がアリスたちに襲い掛かる。

 

 

ストーリーがシンプルでわかりやすく、ホラーというよりはみんなで楽しめるアクション映画という雰囲気です。
ホラー映画としてはちょっと物足りなさもありますがおもしろいです。ゾンビが突然襲い掛かかってくるシーンなどドッキリ系の恐さがあります。

ホラーっぽさが薄いのは全体的に映像が綺麗目だからな気がしますね。
この映像の綺麗さと、印象に残るアクションシーンはバイオハザードのよいところだと思います。

レーザーが迫りくるシーン」や「アリスがゾンビ犬を蹴り飛ばすシーン」はCMなどでも何回もやっていてとても有名ですよね。
あれは真似した人も結構いたんじゃないでしょうか。


恐さはまぁまぁ、アクションはよい感じですが、最後の方に出てくる「リッカー」という強いゾンビのCGがとてもちゃっちくてイマイチでした。ちょっと迫力にかけます。

ラストの絶望感ただよう感じはとても好きです。

バイオやばいおです。


詳細情報を見る > [バイオハザード (字幕版)]

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn